メインカテゴリー

  • 食べる・グルメ
  • 暮らし・ショッピング
  • 住宅
  • 医療・福祉
  • 遊ぶ
  • 美容院・ヘアサロン・整体・エステ
  • 自動車

会員専用ログイン

ログインID(E-Mail)
パスワード

メールマガジン

無料メルマガに登録して
おトクな最新情報をゲット★
登録 削除
送信(無料)

お役立ちコンテンツ

イベント掲示板

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく[ アート ]

「ポーの一族」や「トーマの心臓」など多様なジャンルを手掛けてきた漫画家、萩尾望都の展覧会。
期間 2018年07月14日 ~ 2018年09月09日
時間 10:00~18:00 最終入館17:30。金曜のみ~20:00 最終入館19:30
場所 高崎市美術館
お問合せ 027-324-6125
関連サイト こちら

『11人いる!』は、従来の少女漫画では例をみない本格的SF作品として、その華麗なる登場が当時の漫画界に衝撃を与えます。
以後、『百億の昼と千億の夜』(原作:光瀬龍)、『スター・レッド』、『マージナル』、『バルバラ異界』などの名作を世に送り出し、今も多くのファンを魅了してやみません。
本展覧会では、日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾望都のカラーイラストレーション、コミック生原稿など、約400点のSF原画が大集合。
惑星に魅入られた奇跡の漫画家・萩尾望都が描きだした星々が煌(きらめ)く、夢の展示空間が実現します!

《観覧料》一般:600(500)円/大学
    高校生:300(250)円( )内は20名以上の団体割引料金

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく
投稿管理PASS :